2007/12/13

浦和レッズ VS ACミラン(クラブワールドカップ準決勝)


さあクラブW杯の準決勝第2戦。今大会の優勝候補で欧州代表のACミラン。対するはアジア代表の浦和レッズ。

普通であれば、アジア代表で日本のクラブであるレッズに肩入れしたくなる。しかし、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの激闘をスタジアムで目の当たり(VSセルティックHOME、VSバイエルンHOME、VSマンチェスター・ユナイテッドAWAY&HOMEの計4試合)にした身からすれば、そう単純な感情はない。

ともあれ、世紀の番狂わせが起こるのか、実力差をはっきり見せつけるのか非常に楽しみな一戦。
前半、ミランによるハーフコートマッチ。浦和陣内で21人の選手がうごめくという展開。パスコースを人海戦術で潰すという作戦で、おそらく浦和にとっては狙い通りか。ただ、ミラン側にいた自分にとっては、常に向こう側で試合が進んでいるので非常に味気ない感覚。浦和にも少しはボールを前へ蹴ってくれ!と願うばかり。挙句、あまりにも暇なGKのジーダは時折ラジオ体操を始める始末。

後半も同様で浦和はひたすら引いて人数をかけて守る。というか、ちょっとでも穴を空けたらそこから瓦解してしまうという強いプレッシャーがミランにはある。だから、浦和は既に引かざるを得ない状況に追い込まれていた。
ミランもさらに圧力を加えて攻め続ける。その結果、70分くらいにようやくゲームが動く。カカが左側を速いドリブルで切り込んで、中へこれまた速いパスを供給。それをセードルフが綺麗に合わせてミラン先制!
こうなってしまうとミランの横綱相撲。時折、浦和もシュートを撃つようになったが、ゴールを割るまでには至らない。ミランもやはりベタ引きで守り続けるという見栄えのしないサッカーはせず、最後までチャンスとあらば攻めきってくる。
video
ピルロのFKとかは実に惜しかった。

ピルロのCK。もう終了間際だからカカに渡してキープでいいのでは?と思ったが、完全に力の差を読みきっているのかあっさり蹴ってくる。
結局、“いつもの”0-1でミランの勝利。

スコア以上の力の差があると思うけど、ゲームとしての最低限の形は作れていたように思えるから浦和もよくがんばったと思う。もちろん選手たち&サポーターは悔しいだろうが...。
ところで、ミランのサポーターはどこにいたんだ?

今年の観戦記録:合計82(J1 21、J2 2、天皇杯3、ナビスコカップ6、CWC3、UEFA12、ACL1、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、 SerieA1、各国代表戦7、JFL1、ユース2、親善試合7、サテライト1、練習試合2)

Fut.comは趣味・スポーツ検索【シュミラン】に登録されています。また、シェアブログをカテゴリー『FC東京』で行っていますので、FC東京のサポーター同士でブログ記事を持ちよりましょう!

0 件のコメント: